トップページ > コスモウォーターの特徴 > ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーについてAbout water server

コスモウォーターの選べるウォーターサーバー

らく楽ウォーターサーバーsmartプラス スタイルセレクトウォーターサーバー

ウォーターサーバー規格表

サイズ 重量 冷水容量 温水容量 規定利用期間
らく楽ウォーターサーバーsmartプラス
smartプラス
W30×D34×H110cm 約20kg 1.6L 1.25L 2年
スタイルセレクトウォーターサーバー卓上タイプ
スタイルセレクト
卓上タイプ
W30×D30×H79cm
※ ボトルカバー装着時
底板 径36cm
約14kg 2.4L 1.25L 2年

※ ご契約者様が、ご利用中のサーバーの規定利用期間満了前に解約(又はサーバーの交換)を希望される場合、所定のサーバー引取料(又は交換料)をお支払いいただきます。

次世代型ウォーターサーバー

従来型ウォーターサーバーの問題点

従来の問題点


ガロンボトルタイプのウォーターサーバーは、外気(生活環境菌が含まれた)を取り込まなければ水が出ない仕組みです。そのためボトル内で水の品質が劣化し、菌が繁殖してしまいます。また使用しているガロンボトルの素材原料には環境ホルモン「ビスフェノールA」が含まれており、健康に与える影響が懸念されています。
また、クリーンエアシステムの無いワンウェイ方式のウォーターサーバーの場合、ボトル内には空気が入りにくいのですが、サーバー内のタンクは無防備です。タンク内のお水と外気が混じり合い、雑菌やカビ菌の影響を受けやすい状態となり、タンク内のお水はどんどん劣化していきます。

厚生労働省発表ビスフェノールAがヒトの健康に与える影響について

ビスフェノールAは、プラスチックの【ポリカーボネート】やエポキシ樹脂などの原料で、一部の食品用の容器等に使用されています。
厚生労働省の報道発表資料は以下のページを参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0708-2.html

コスモウォーターのボトルはPET樹脂を使用していますので、安心してご利用いただけます。

特許開発新製品 次世代型クリーンエアシステム

クリーンエアシステム

ウォーターサーバー内の冷温水タンクから水を注ぐには空気圧が必要です。その空気は外気を取り込むことになります。
しかし外気には生活環境菌などが含まれており、その外気と冷水タンクやボトル内の常温水とが触れ合い、雑菌の繁殖が起こります(温水タンクは水温の高さとタンク内の温度の高さにより衛生的)。
そこでコスモウォーターは、外気を取り込む際にクリーン処理する「クリーンエアシステム」を開発しました。これによりクリーン処理された空気が冷水タンクに供給されるのでタンク内は衛生的に保たれます。
また、コスモウォーターが開発したお水ボトルは、空気圧ではなくボトルの収縮により給水する「ワンウェイシステム専用ボトル」となっております。
衛生面に二重の対策を講じていますので、ウォーターサーバー内部の定期メンテナンスは不要なのです。

『クリーンエアシステム』はタンク内に微量に入る空気をクリーン処理するシステムですので、安心・安全です!!

クリーンエアシステム搭載で、サーバー内部は定期メンテナンス不要です!
(特許第4113871号、特許第4317259号、特許第4317262号)

お客様による簡単なお手入れだけでサーバーの衛生を保つことができます。


コスモウォーターお申し込み

Copyright © 2012 CosmoData co.,ltd All Rights Reserved.