トップページ > コスモウォーターの特徴 > 選べる天然水

安心・安全な選べる天然水 天然水は産地別に3種類

富士の響き
古都の天然水
日田の誉
(参考)コスモウォーター各種及び各社取扱水成分比較表(1リットルあたり含有量)
水種別
(下部の5品名は他社様)
カルシ
ウム
mg/l
マグネ
シウム
mg/l
ナトリ
ウム
mg/l
カリウ

mg/l
亜鉛

μg/l
バナジ
ウム
μg/l
ゲルマ
ニウム
μg/l
硬度 PH
富士の響き 15.0 3.6 13.0 1.6   61.0   53 7.7
古都の天然水 8.0 1.6 9.7 0.5       30 6.9
日田の誉れ 16.6 4.8 48.8 8.0 160.0   4.0 62 7.8
クリティア
(富士山の天然水)
6.4 2.2 6.8 1.2 10.0 91.0   25 8.3
フレシャス
(富士の天然水)
5.7 1.9 5.2 0.7 190.0 85.0   21 8.3
アクアセレクト
(大台ケ原の天然水)
10.0 1.0 4.3 0.7       30 8.2
アクアクララ
(RO水)
9.8 1.2 5.0 1.7       30 7.3
クリクラ
(RO水)
6.6 3.3 5.0 1.7       30  

ご覧のように、コスモウォーターの天然水は、どれもそれぞれの採取地の特徴を生かした、天然のミネラルを豊富に含んだ魅力ある商品となっております。
また、古都の天然水については、カルシウムとマグネシウムの含有量を低く抑えた硬度30の軟水となっており、赤ちゃんや小さなお子様、そして炊飯・お料理に最適の天然水となっております。


コスモウォーターお申し込み

コスモウォーター水質検査のご報告

東日本大震災による福島原発からの放射性物質漏れに関して、各メディア等で報道されているように、魚・野菜・水道水等において基準値を大きく上回る放射性物質汚染が確認されています。特に水道水においては「赤ちゃんには飲ませないように」との見解も発表されました。
弊社の天然水は種類は基より、安全な採水地をも選べ、この度の放射性物質汚染に関して安心安全な水をお届けさせていただきます。
コスモウォーターでは、取り扱うすべての天然水について、専門の検査機関に委託し、放射性物質(ヨウ素、セシウム)が原水へ与える影響・残留状況の検査を定期的に行っております。
その結果、原発事故発生以降、弊社取扱い商品に放射性物質が確認されたことはありません。
飲料水として乳幼児、小さなお子様、また妊婦の方にも安心してご利用いただけます。

(最新採取日: 2017/6/9)
【検査結果】◎当社取扱い商品に放射性物質は検出されませんでした。

※検査成績書
>>富士の響き   >>日田の誉   >>古都の天然水

原発事故発生以降、コスモウォーター取扱い商品に放射性物質が確認されたことはありません。
(2012年4月1日から適用の新基準値(飲料水の新基準値:セシウム10Bq/L)もクリアしています)

Copyright © 2012 CosmoData co.,ltd All Rights Reserved.